バーコンニュース No.140

メディアクリエイトが発表した2014年9月第2週(9月8日 - 14日)のゲームソフト販売ランキングによると、9月13日に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が初登場第1位を獲得しパッケージ版のみ94万4644本を販売した。2008年1月にWiiで発売された前作『大乱闘スマッシュブラザーズX』(初週販売本数約82万本)を上回り同シリーズで最も好調なスタートを切った。なお、9月16日に任天堂ホームページ上で100万本達成と報道してたがこれはあくまでダウンロード版も含むものとされる。
その他9月11日に発売された新作ゲームソフトでは『Destiny』PS4版・PS3版それぞれ初登場第2位・3位を獲得し9万1277本(PS4版)・4万9503本(PS3版)、PS3『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームレボリューション』が初登場第5位を獲得し4万180本、Vita『チェインクロニクルV』が初登場第13位を獲得し4178本を販売した。
さらに9月4日に発売したばかりのXbox Oneの2週目の販売台数は3015台となり前週より約2万2000台売上が落ちた。ソフトでは『タイタンフォール』が第34位までにダウン、『デッドライジング3』が第40位までにダウンするなど低調ぶりが加速される。
また、他ハードの売上はニンテンドー3DS(3DS/3DS LL)が3万9569台、プレイステーション4が2万3623台、プレイステーションヴィータ(Vita/Vita TV)が1万3148台、Wii Uが7062台、プレイステーション3が6083台、プレイステーションポータブルが101台、Xbox 360が96台となった。
他のゲームソフトの売上は3DS『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』は第4位までにダウンし4万7065本を販売。累計246万8611本となり来週か再来週には累計250万本を突破しそうな勢いだ。同じく3DS『ドラゴンクエストX オンライン』は第6位で2万2977本を販売し累計7万5352本となり、Wii U『マリオカート8』は4週連続第8位で6839本を販売し累計66万6217本となり、3DS『ヨッシー New アイランド』は第9位にアップし5734本を販売し累計17万9714本となり、同じく3DS『メダロット8 カブトver./クワガタver.』は第15位で3766本を販売し累計4万5306本となり、Wii U『ゼルダ無双』は第19位までにダウンし3365本を販売し累計10万178本となり累計10万本突破した。次週はWii U『ベヨネッタ2』発売週だが一体何本売れるのか?Wii U本体牽引はできるのか?が注目したい。

大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS

大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 2014/09/13
  • メディア: Video Game
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (30件) を見る
Destiny

Destiny

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 発売日: 2014/09/11
  • メディア: Video Game
  • この商品を含むブログ (6件) を見る